マンガで読む絶望名人カフカの人生論/平松昭子(Kindle Unlimited)

まんが(全巻無料)
スポンサーリンク

カフカってどんな作家? と聞かれたら、「朝起きたらいきなり虫になってるやつ?」と、質問に質問で返すくらい、何も知らなかったのですが、まんがのもとになった『絶望名人カフカの人生論』を読んでびっくり! こんなに面白い人だったんですね。面白いと言っても、本人は真面目で誠実で、ものすごく思い詰めているんだけど、行き過ぎて面白く、愛さずにはいられない人になっている。何度も婚約したり破棄したりしても女性に嫌われず、没後には親友が一生懸命作品を出版できるように努力してくれたのも、自然に助けたくなってしまう人柄ゆえなのでしょう。だって、有名になったあのフレーズ、「いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」は、恋人への手紙なんですもの! そしてこれを読んで婚約しちゃう彼女もすごい。

さらに、まんがにした平松昭子さんの解釈もすばらしい。ものすごくラフな絵柄なのですが、それがカフカの寄る辺なさ、消えてしまいそうな心持ちを表しているようで、ますます染み入ります。実際のカフカもかなりのイケメンですが、まんがのカフカは放っておけないタイプのイケメンですね。これはモテるわ!

ポジティブでないと許されないような社会だけど、絶望することへの恐怖をごまかして前向きを装うより、ときどき自分の中の真っ暗な穴をじっと見つめてみるのも良いことだと思います。私はけっこうネガティブというか、常に最悪を想像するタイプなので、しょっちゅう深淵をのぞき込んでドブンと落ちたりしていますが……。

マンガで読む絶望名人カフカの人生論
平松昭子
誰よりも落ち込み、誰よりも弱音をはき、誰より前に進もうとしなかったカフカ。その“絶望”を編み、幅広い世代からの共感を集めた『絶望名人カフカの人生論』を、誰よりもブッ飛んだ作風で知られるマンガ家/イラストレーターの平松昭子がコミカライズ。あきれながら共感し、笑いながら泣けるマンガ!
月額980円で好きなだけ読める Kindle Unlimited 読み放題 30日間無料体験 今すぐチェック>>

Kindle Unlimitedの品揃えは頻繁に変わります。情報は記事の最終更新日時点のものとなります。紹介している本がUnlimitedの対象から外れている場合もありますので、ご了承ください。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ
にほんブログ村