強者大劇場/羽生生純(Kindle Unlimited)とKindleの画面回転

まんが(全巻無料)
スポンサーリンク

かなり独特な作風の羽生生純(はにゅにゅうじゅん)さん初期作品集が『強者大劇場』です。

強者大劇場 (ビームコミックス)
KADOKAWA / エンターブレイン
大地震とテロが起きた波乱の1995年に発表された『強者大劇場』。その羽生生純、幻の短編集が、未発表作品6編を加え、さらにパワーアップして再登場!!

1995年、阪神淡路大震災とオウム真理教のテロが起きた年。なんだかモヤモヤして、世の中が過敏になっていたのを思い出します。その空気感が蘇ってくるような一冊です。深刻なんだけど、ふざけてしまうというか。

ところで、『強者大劇場』には、こんなページがあります。Kindle 画面回転
「注意!
これ以降の漫画は、掲載時左開きで 描かれましたため、このコミックス では天地逆さまに掲載させていただ きます。従って、これ以降は本を逆さ まにして、調み進めてください。 決して乱丁などではありません。」

さらに次のページには、
Kindle画面回転
「電子版では、電端末を回転させると追従して画面も回転してしまい
逆さに表示される場合があります。 その場合は、端末の設定で回転を止めてください。 なお、ビュアーソフトの中には回転を止めるオプションが設定できる ものがあります。そちらで止めていただいても閲覧可能です。」

とあります。
しかし、Kindle端末は、回転させると画面が自動回転し、それを止める設定はありません。この本に限らず、対面に座ったお子さんにKindle本を読み聞かせるとか、回転されると困る状況って他にもありますよね。
そんなときは、Kindleアプリの出番です。

画面の向かって右隅を軽くタップすると、小さい鍵のアイコンが出てきます。これが画面の回転をさせるか、させないようにロックするかを表しています。この写真のように鍵が開いていれば、ロック解除中で、画面が回転します。もう一度タップすると、鍵が閉じて、画面を回転させないようになります。これで読めるよ!

この機能は、Androidのスマホ、タブレット、iPhoneでは使えますが、iPadでは使えないようです。

なお、羽生生さんの作品で一番オススメなのは、『千九人童子ノ件』。めちゃめちゃ怖くて、目が離せない、一気読み確実な一冊です。

千九人童子ノ件 (ビームコミックス)
KADOKAWA / エンターブレイン
夢に破れて都落ちした漫画家が、故郷で出逢った「もの」とは……。これは「ホラー」か、それとも「私漫画」か? 異才が挑む、新境地にして、圧倒的本領! 驚愕と衝撃の変調伝奇ロマン!
月額980円で好きなだけ読める Kindle Unlimited 読み放題 30日間無料体験 今すぐチェック>>

Kindle Unlimitedの品揃えは頻繁に変わります。情報は記事の最終更新日時点のものとなります。紹介している本がUnlimitedの対象から外れている場合もありますので、ご了承ください。