女子をこじらせて/雨宮まみ(Kindle Unlimited)

エッセイ
スポンサーリンク

雨宮まみさんの古いブログ、「弟よ!」が好きで、更新されるたびに読みに行っていました。AVの世界は全然わからないのですが、紹介文を読みながら見たら、未知の世界でも楽しめるんじゃないかなあ、と思いつつ、タイトルを検索する勇気がなく(履歴に出ちゃうもんね!)、そうこうしているうちに雨宮さんは旅立ってしまいました。

『女子をこじらせて』は、”こじらせ女子”が流行語になったり、面倒くさいネット炎上事件が発生したりで、なんとなく手に取りづらく、そのままになっていました。あと、雨宮さんのプロフィール写真を見ると、とても綺麗な方なので、「こじらせ女子とか言っても美人でめちゃめちゃオシャレなんだもんねえ」と忌避する気持ちになっていたりして。Kindle Unlimitedに入っているのを見つけて、良いきっかけだと思って読んでみました。

そしたら、あんなに綺麗で、文才があって、男性が多いフィールドで自分の名前でお仕事をして、欠点や悩みなんてなさそうなのに、すごく苦しんできたことが書かれていて。たぶんそれらとまったく縁のない女の子なんていないのでしょうね。私も今はすっかりいい大人なので、自尊心の低さやめんどくささはテクニックでだいたい片付けることができますが、10代から20代にかけて、「ああ~!!」と頭を抱えたくなるような思い出が多々あります。

男性の思春期もそうとうキツそうで、男の子は「女の子はキラキラしてて悩んでなさそうでいいなあ」と思っているかもしれませんね。でも、女の子をもうちょっとわかりたい気持ちになったら、読んでみてほしいです。お互い辛くて、欠けているものばかりだけど、だからこそ一緒にいられるんだなあって思ってほしいな。

移ってからのブログ「戦場のガールズライフ」はもう更新されない。ほぼ最後の記事には「「この先の景色を見たい」という気持ちが、わたしにはない。」とある。そう、みんなそう思っていて、うまく言葉にできなかったのを、雨宮さんが書いてくれていたんだよ。

ここで終わると、寂しいだけなので、とても楽しそうな記事を紹介して終わります。
そのパーティー、どこで買えますか?〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第6回〉

女子をこじらせて
雨宮まみ
「女子」という生きづらさに真っ向から向き合う半生記!ブログ「弟よ!」で人気の雨宮まみが全国のこじらせ系女子に捧ぐ!非モテからなぜか「職業・AVライター」になった…その曲がりくねった女子人生を描く怒濤の13万字!!『モテキ』の久保ミツロウ(漫画家)氏との特別対談も収録!
月額980円で好きなだけ読める Kindle Unlimited 読み放題 30日間無料体験 今すぐチェック>>

Kindle Unlimitedの品揃えは頻繁に変わります。情報は記事の最終更新日時点のものとなります。紹介している本がUnlimitedの対象から外れている場合もありますので、ご了承ください。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ
にほんブログ村